良い物件の探し方

引っ越しをするにあたって新居をどこにするか決める必要があります。家賃はどれくらいか?設備はどうなっているのか?ペットはOKか?新居の周りには何があるのか?等、色々と考える必要があります。どの地域に住むかを決めたらその地域での賃貸料の相場を調べましょう。平均的な賃貸料が解れば、それを基準に自分の求める条件を照らし合せて探していきましょう。部屋を探す際には不動産を選ぶのもポイントです。同じ物件でも不動産会社によっては掛かる費用が全く変わってくる場合もあります。優良不動産会社と言うのはまず入居前に念入りな人物チェックをされます。入居後にトラブルを起こして周りに迷惑を掛けない為にもチェックが厳しいです。連帯保証人に関しても身内親族が求められます。この様に厳しいチェックがあるので、ここを抜ければ周りからの信頼も得られます。契約までが厳しい分、トラブルが起きた際の処理が迅速なのも特徴です。家主や住居人との仲介にも立ち、パイプ役として住居後のアフターフォローなどを行ってくれる不動産は優良と言えます。優良物件と言うのは自分の新居とその周辺環境だけではなく、その物件を扱う不動産や仲介業者を含めて自分の満足の行くものを選んでこそ「優良」と言えます。これから自分が生活をするにあたり、快適な暮らしを続ける為には交通の利便性、整った設備や買い物や公共施設の充実などももちろん条件に入りますが、自分が済む住居を管理する業者の事も考慮しなくてはいけません。

初めての1人暮らしで戸惑わない為に

1人暮らしを考える理由は人によって様々です。就職・進学などの新年度からの新生活を考える人から異動転勤による単身赴任など色々と考えられます。それまで実家暮らしだった人には自分だけの空間を手に入れられる訳ですから浮かれる人もいるでしょう。ですが、事前準備を怠っていると、いざ引っ越ししてからあれが無いこれが無いで二度手間になってしまいます。荷造りから引っ越しまでの流れをスムーズに行えるように準備を心がけましょう。まず引っ越しが完了してからすぐに使うもの、使えるものは解りやすくまとめておくと良いでしょう。着替えや食器などは段ボールに詰める際にはどこに何が入っているか目印や中身を箱に記入しておくとすぐに取り出せます。荷物の数ですが、1人暮らしを始める訳ですから自分一人分の荷物で十分だと思います。あまり持っていくものが多いと、部屋を狭くする原因にもなりますし、引っ越し業者を利用した際の費用が掛かってしまう事も懸念されます。荷物が多ければそれだけ部屋が片付きにくくなり、どこに何があるか解らなくなる事も考えられますから、引っ越しの際には要らなくなった物を処分する事も考えておくと作業がはかどります。最低限用意するものだけを考えると極端な話、生活必需品だけで十分です。思い入れのあるものやこれだけは手放せないと言うものがある場合は最低限に収めるのが良いと思います。引っ越しが一段落ついたらこれから始まる新生活の拠点を探索して、どこに何があるのかを調べておいて、買い物をする際や休日での余暇を過ごす場所を探しておく事をお勧めします。そして引っ越し先の隣人や上と下の階の住人の方に挨拶をしておくと良いでしょう。お互いの顔を知ってどういう方か理解していれば何かあった時に融通できる事もあるでしょう。近年では引っ越しの際に近所への挨拶と言うものが希薄になってきていますが、挨拶はマナーとして大事な事です。

手際の良い引っ越しとは?

引っ越しと言うのは大荷物をまとめたり、
各種契約している業者への変更手続きや届け出等大掛かりで忙しい作業です。

面倒なことが続くので途中で投げ出したくなりますが、
手際の良い引っ越しと言うものを考えていきましょう。

まずは引っ越しの日を決めましょう。

引っ越し業者の見積もり、
予約を済ませておき、転居先への運び入れる日時を決めましょう。

荷物の輸送の際、転居先の住所や道順などを把握しておくと業者も迷わずに
スムーズに運び出せます。

また、運送するトラックのサイズによっては侵入できない
ルートに転居先があるケースも考えられます。

また、荷物運搬の際に事前に転居先周辺や転居先のエレベーターの
有無や広さを確認しておくと良いでしょう。

引っ越し業者の手配が一段落ついたら、転居に伴う各種手続きをしていきましょう。

大体は電話だけでその日のうちに済ませる事も可能ですが、
インターネット等は開通までに日数が掛かる事があるので、
引っ越しを計画した時からなるべく早い時期に開通日時を指定しておきましょう。

引っ越しで一番の大掛かりになる荷造りですが、こちらも業者に任せる事が可能です。

もちろん自分で荷造りする事も可能なので、
身の回りの物やすぐに使うものは自分で解りやすくまとめておくと良いでしょう。

貴重品など一まとめにして自分で携帯しておく事をお勧めします。
荷造りを自分でする場合は本や衣服などはタンスや棚からすべて抜き出して段ボールなどに
整理して入れてまとめておきましょう。

食器など壊れ物には緩衝材や新聞紙などで割れないように保護し、
縦に入れておくと更に割れにくく整理できます。

家電品などは購入当時の箱があればそちらを利用し、破損しないように
固定しておくと良いでしょう。

箱がない場合は業者から用意してもらうと言う手もあります。
引っ越しの際には業者の手配、各種転居手続、荷造り、
輸送と面倒な手順がありますが、
これらの流れをちゃんと把握していれば引っ越し当日に焦る事は無くなります。

初めての引っ越しに必要な事とは?

初めての引っ越しをする方はいざ引っ越しをしようと考えてはみたものの、どうすればいいのか?と考えると思います。

現在住んでいる場所から他所の場所に移り住む訳ですからまず最初に「どこに住むか」を考えるのは当然ですね。「自分が住む場所にはどんなところなのか?」「今まで住んでいた場所とは地域外なのか?」等確認しておく必要があります。

これは引っ越しをした際に役所への手続きが必要になる為忘れてはいけません。住所変更届出や各公共の手続きをする必要が出てきます。

引っ越しが決まったら「いつまでに」「どこで」「なにをするか」必要な事をリストアップしていきましょう。例えば職場や学校への住所変更届や今まで住んでいた自宅での電気水道ガスと言った利用停止、引っ越し先での利用開始を迅速に済ませる必要があります。そしてこれらの手続きが電話で済ませられるか、それとも時間を必要とする手続きなのかの確認も必要です。

025054

手続きに時間が掛かるものは優先的に済ませておき、引っ越しが済んだ当日から利用できるようにするのがベストです。

電話で即日受付が可能なものは優先順位を落として、他の作業を優先させましょう。これらの作業を並行して荷造り作業も可能ですが、できるだけどちらかを先に済ませておくと作業に集中しやすいと思います。

各手続きの手配が済んだら後は引っ越し当日に慌てないように荷造りした荷物の確認と出る家の点検をしていきましょう。今まで住んでいた家に忘れ物はないか、引っ越し手続きに抜けは無いか等の確認と最後のご近所さんへの挨拶等をしておくと良いでしょう。

引っ越しは安く抑えよう

引っ越しを考える方の大半は引っ越し業者を利用すると思います。引っ越し業者にもピンキリはありますから失敗しない業者選びをしたいと誰しも考えるはずです。もちろん費用にも各業者毎にバラつきがありますので、その中から粗悪な業者を選ばないように見積もりを安く抑えられるように上手に選んでいきましょう。引っ越しを決めたら業者に見積もりを取る必要が出ます。見積もり自体は量に限らず大体どこの業者も無料です。また、「引っ越しを頼む時期」と言うのも費用に影響してきます。いわゆる新生活の時期、3~4月の繁忙期と言われる時期は割高です。全ての業者が採用している訳ではありませんが、6曜などといった縁起物で仏滅の日に割引をしている業者も存在しています。業者を利用せず、友人やレンタカーを利用して自力で引っ越しと言うのも一見安上がりに思えますが、荷物の量にもよりますが、友人達へのお礼や引っ越しに掛かる運動量の自身への負担、素人による荷物の運搬等を考慮すると業者を利用した方が結果的に安上がりだった、なんて言うケースも多いでしょう。業者を利用する際には、前述したように見積もりは無料の業者がほとんどなので、いくつかの業者に見積もりを出して比較すると良いでしょう。インターネットでの見積もりも利用できる所がほとんどですが、見積もり結果が当日返信が来ない業者も存在します。すぐに結果が欲しい場合は直接電話をして返事を直にもらえるようにすると良いでしょう。引っ越し業者も数多く存在していますので、お客さんを取るのに必死です。気は引けるかもしれませんが、他社との比較を交渉材料に見積もりを頼めば意外に値引きしてくれるものです。そして依頼する業者を決めた場合には必要なくなった業者にはちゃんと断りを入れてください。後々になって支払いのトラブルの元にならないように断りづらいかも知れませんが、連絡を怠る事の無いようにしてください。