引っ越しのメリットとデメリット

引っ越しを思い立つ理由は人それぞれですが、それでは引っ越しすることによって発生するメリットとデメリットは何か?それについて考えてみましょう。まずメリットですが、人それぞれの感想を持つと思いますが、「心機一転」できるところでしょうか。今までの環境とはガラッと変わって新鮮に感じる事をメリットと受け取れるかどうかですが、悪い事ではないはずです。引っ越しによる荷物の整理による「無駄なものを処分できる」と言う事もメリットとして挙げられるでしょうか。既に必要が無くなったものでも、なんとなく捨てにくかったりするものもあったはずです。引っ越しを機会にこの際処分できるなんて言うキッカケにも成り得ます。そして引っ越しの際の手続きで「各種契約会社との契約を見直しする」機会もできます。インターネットならば、例えばADSLから光への変更だったり、ケーブルテレビに加入したり等ネット環境や使用する設備が充実するチャンスでもあります。そして最大のメリットは「地域コミュニティーの発見」ではないでしょうか。新しく住む町でこれから自分が生活するにあたって、色々な店や公共施設等の探索。これが引っ越しの楽しみでもあり新たな発見のキッカケになるでしょう。今まで馴染みがなかった地域なら尚更、探索の楽しみが増える事と思われます。ここまでがメリットとして挙げましたが、それではデメリットは何か?現実的なところではやはり「コストが掛かる」でしょう。新居の敷金・礼金・家賃等だけでも相当なものですが、そこに業者への運送料金、引っ越しで用意した家具や雑貨等馬鹿にならないものです。そして「労力」。これもやはりコストと並んで大きなデメリットです。引っ越しに取り掛かる為の業者の手配、各種手続きの変更届、荷造り、運搬、部屋のレイアウトetc…と言った引っ越してからもしばらく続く作業もあります。以上、引っ越しにおけるメリットとデメリットを説明しましたが、そう感じるかどうかは人それぞれだと思います。引っ越す事によって都心に近付き利便性が増したと言う人もいればその逆の人もいるでしょうし、引っ越しの際の荷造りやレイアウトと言った労力自体を楽しむ人もいると思います。目に見えるメリットとデメリットは「心機一転」と「コスト」では無いかと考えます。