引っ越しする時期と理由はあるのか?

引っ越しは早々頻繁に行われるものではありませんが、引っ越しする人が多い時期と言うものはあります。時期と言うのはやはり進学・就職による上京者が多い3月です。職場の人事異動など単身赴任と言った例外を除けば、新生活が始まるタイミングがやはり引っ越しの理由の大半を占めています。それ以外だと月末付近の土日に引っ越しをする人が見受けられます。なぜ月末かと言うと、大抵の人は賃貸住まいのはずです。そして家賃の支払いは月単位のところがほとんどでしょう。この事から、現在の住居と新居での家賃の二重払いを避ける為に月末、それも勤め先が休日である事が多い土日を選んでいる人が多い事が解ります。注意点としては、引っ越しが多い月末~月初めに業者も料金を高めに設定している所です。最近は賃貸物件も月の半ばからの入退去に合わせて家賃を日割り計算してくれるところも増えました。これを照らし合せてみて月末と中旬どちらが安く済むか見比べる人も増えてきましたので、以前ほど月末に集中している訳ではありませんが、やはり月末に引っ越しをする人は多くいます。この様に新生活の時期「3月」、家賃支払い時期の「月末」、時間的に動きやすい「土日」、と言うのが引っ越しのタイミングがとりやすい時期と言えます。この事を計算して、引っ越し業者は平日が土日休日に比べ割安に設定されているので、土日に限らず平日に休みの人は平日での引っ越しを計画すると通常より安く抑える事が出来るでしょう。業者の利用を安く抑えようと言う人が増えてくれば月の中旬の平日での引っ越し件数が増えるかもしれません。