手際の良い引っ越しとは?

引っ越しと言うのは大荷物をまとめたり、
各種契約している業者への変更手続きや届け出等大掛かりで忙しい作業です。

面倒なことが続くので途中で投げ出したくなりますが、
手際の良い引っ越しと言うものを考えていきましょう。

まずは引っ越しの日を決めましょう。

引っ越し業者の見積もり、
予約を済ませておき、転居先への運び入れる日時を決めましょう。

荷物の輸送の際、転居先の住所や道順などを把握しておくと業者も迷わずに
スムーズに運び出せます。

また、運送するトラックのサイズによっては侵入できない
ルートに転居先があるケースも考えられます。

また、荷物運搬の際に事前に転居先周辺や転居先のエレベーターの
有無や広さを確認しておくと良いでしょう。

引っ越し業者の手配が一段落ついたら、転居に伴う各種手続きをしていきましょう。

大体は電話だけでその日のうちに済ませる事も可能ですが、
インターネット等は開通までに日数が掛かる事があるので、
引っ越しを計画した時からなるべく早い時期に開通日時を指定しておきましょう。

引っ越しで一番の大掛かりになる荷造りですが、こちらも業者に任せる事が可能です。

もちろん自分で荷造りする事も可能なので、
身の回りの物やすぐに使うものは自分で解りやすくまとめておくと良いでしょう。

貴重品など一まとめにして自分で携帯しておく事をお勧めします。
荷造りを自分でする場合は本や衣服などはタンスや棚からすべて抜き出して段ボールなどに
整理して入れてまとめておきましょう。

食器など壊れ物には緩衝材や新聞紙などで割れないように保護し、
縦に入れておくと更に割れにくく整理できます。

家電品などは購入当時の箱があればそちらを利用し、破損しないように
固定しておくと良いでしょう。

箱がない場合は業者から用意してもらうと言う手もあります。
引っ越しの際には業者の手配、各種転居手続、荷造り、
輸送と面倒な手順がありますが、
これらの流れをちゃんと把握していれば引っ越し当日に焦る事は無くなります。